~受付終了~【先着10名様限定】KAPA 3GプラントPCRキット 無償モニター募集

本企画は大変ご好評により、定員に到達いたしました。
沢山のご応募誠に有難うございました。

PCR阻害物質への耐性が大幅に向上した「KAPA 3GプラントPCRキット」

植物組織を直接PCR反応液中に加え、ダイレクトPCRにも使用できる「KAPA3GプラントPCRキット」。
この度弊社では、アプリケーションノートの作成にご協力いただける方を対象に、無償でお試しいただけるキャンペーンを実施いたします。

PCR阻害物質への耐性が非常に高い同製品を使用してダイレクトPCRを行えば、手順の簡便化にもつながります。
また、参考資料として、植物サンプル以外のクルードなサンプルである爪から、ダイレクトPCRできた事例をアプリケーションノートでご紹介させていただきます。
植物に限らずダイレクトPCRにご興味がある方は、ぜひこの機会にお試しください。

製品特長

  • KAPA3G エンジニアDNAポリメラーゼ(第3世代)です。PCR阻害物質(ポリフェノールや多糖類など)に対する耐性が⼤幅に向上しています。
  • 植物サンプル以外のクルードなサンプルでも効果が期待できます。*アプリケーションノート参照
  • 直接PCR反応液中にサンプルを加える、ダイレクトPCRにも使⽤できます。
アプリケーション例と本製品で期待できる効果

クルードサンプル、粗抽出など、阻害物質が含まれるサンプルでのPCRに適しています。
葉の断片(打ち抜きディスク等)、種子、植物粗抽出物等からのPCRに対応可能です。

期待できる効果

  • トランスジェニックスクリーニングのワークフローの簡素化
  • PCRの成功率と再現性の向上
  • 長鎖や増幅困難なターゲットの効率的増幅

*サンプルによっては、粗抽出、またはDNA精製を必要とする場合や、その他、条件検討を要する場合がございます。

 

モニター対象製品

CatNo. 製品名 単位 定価
KK7251 KAPA3GプラントPCRキット 250回用/50 µL反応 ¥58,000

※価格は2021年4月現在のものです。

キット内容
  • KAPA3G Plant DNAポリメラーゼ(2.5 U /µL)
  • KAPA Plant PCR バッファー(2x)
  • MgCl2溶液 (25 mM)

 

アプリケーションノート(お客様事例)のご紹介

ヒト爪からのKAPA3G Plant PCR Kitを用いた ダイレクトPCRの事例
本アプリケーションノートは、東京医科大学 生化学 森谷 昇太 様 のご厚意により掲載させていただきました。

実験概要

クルードなサンプルから抽出を行わずに、ダイレクトにPCRを行うことは、手順の簡便化にもつながり、非常に有用な手段です。
しかし、クルードなサンプルは、PCR阻害物質を含むことが多く、アプリケーションとしての難易度は高くなります。
阻害物質への耐性が非常に高いKAPA3G Plant PCR Kitにてクルードかつ微量なヒト爪サンプルにて、ダイレクトPCRが行えるかを検証しました。

森谷様からのコメント
クルードなサンプルの増幅に定評がある日本ジェネティクスさんのKAPA3G Plant PCR Kitを試してみたところ驚くべきことに、爪から直接、PCR増幅することに成功しました。
「Plant(植物)」という商品名ですが、実験動物のジェノタイピングなどにも幅広く活用できる可能性を感じました。
ダイレクトPCRに興味がある方は一度試されてみてはいかがでしょうか。

お客様事例の詳細は、アプリケーションノートをご覧ください。

応募概要

  • 応募期間:2021年4月16日(金) ~ 定員に達するまで
  • 応募要項
    ・下記の応募フォームよりご応募ください。
    ・ご応募は、1研究室につき1キット限りとさせていただきます。
    ・本キャンペーンは、製品をモニターとしてお試しいただくお客様向けですので、評価結果をまとめたアプリケーションノートの作成にご協力いただくことが条件となります。
    ・ご応募後、弊社テクニカル担当より改めてご連絡させていただきます。事前にアプリケーション/データ内容をお聞きした上で、製品の手配・サポートをさせていただきます。
    ・製品評価後にお聞かせ頂くフィードバック(ご意見・ご感想)は、弊社WEBサイトにてカスタマーレビューとして掲載させていただきます。
    (掲載させて頂く情報:施設名 /会社名+お名前(ニックネーム掲載可))

質問してみる!

「?」と思ったらすぐ解決。
どんな小さなことでもお気軽に。
ご意見・ご感想もお待ちしています。

WEB会員

記事の更新情報を受け取りたい方はコチラ

WEB会員 登録フォームへ

GeneF@N とは?