【先着20名様限定】FastGene™ VT1/VT2 Detection Kit 無償トライアルキャンペーン

大人気のVT1/VT2検出キットを無償でお試しいただけるチャンス!

FastGene™ VT1/VT2 Detection Kit は、腸管出血性大腸菌による食中毒の原因遺伝子であるベロ毒素遺伝子(VT1、VT2遺伝子)を、リアルタイムPCRにより安心・便利・迅速に判定するキットです。
今回、FastGene™ VT1/VT2 Detection Kit のサンプル品(16回用)を無償でお試しいただけるキャンペーンを実施いたします。先着順になりますので、ご応募はお早めに!

FastGene™ VT1/VT2 Detection Kitの製品特長

VT1/VT2 Detection Kit

安心

  • プライマー・プローブ配列は通知法()通りの配列を使用
  • VT1をFAM、VT2をROX、ICをCy5で標識したマルチカラーディテクションキット
  • マスターミックスと各プライマー・プローブを調製してチューブに分注済み
  • 低コスト

*厚生労働省医薬食品局食品安全部監視安全課長通知(平成26年11月20日)

便利

  • DNAサンプルを混ぜるだけで測定可能
  • 反応ミックスの作製や、試薬の調製は不要
  • 8連チューブにて、各チューブ1検体処理用に小分け
  • 冷凍庫から必要本数のチューブを切って使用可能
  • 凍結融解による試薬の劣化や、開閉に伴うコンタミネーションリスクの低減

迅速

  • 1反応でベロ毒素遺伝子の検出はもちろん、VT1/VT2のタイピングまで可能
  • FAM、ROX、Cy5が検出可能なリアルタイムPCR装置で使用可能(PicoGene® PCR1100を利用すると、わずか20分程度で結果を得ることが可能)

対象製品(価格情報)

CatNo. 製品名 単位 価格(税抜き)
FG-VT-16 FastGene™ VT1/VT2 Detection Kit 16回用 ¥16,000

※価格は2022年9月現在のものです。
※「96回用」もございます。FastGene™ VT1/VT2 Detection Kitの詳細・価格はこちら

検証データのご紹介

製品評価(テクニカルノート)

FastGene™ VT1/VT2 Detection Kitをベンチトップ型リアルタイム PCR装置であるLightCycler96、QuantStudio5にて使用可能か検証を行いました。
詳しくは、テクニカルノート「ベンチトップ型リアルタイムPCR装置におけるFastGene™ VT1/VT2 Detection Kit評価試験」をご覧ください。

お客様事例(アプリケーションノート)2022<05>

本アプリケーションノートでは、事前に型が判明している生検体を用い、FastGene™ VT1/VT2 Detection Kitで判定が一致するか検討を行いました。

小林 慎一 様

【ベンチトップ型リアルタイムPCR装置を用いた生検体でのFastGene™ VT1/VT2 Detection Kit評価】

本キットでは、ベロ毒素遺伝子の検出に必要な試薬が8連チューブに分注されていますので、熱処理したサンプルと混ぜるだけで、迅速かつ簡便にVT1とVT2遺伝子を型別検出することができました。また、本キットによる検査成績はラテックス凝集法の結果と100%一致しました。食中毒事件の原因調査や食品検査などにも有用な検査キットであると考えられます。

一般社団法人愛知県食品衛生協会 食品衛生センター
小林 慎一 様

PDFのダウンロードはこちら

詳しくは、アプリケーションノート「ベンチトップ型リアルタイムPCR装置を用いた生検体でのFastGene™ VT1/VT2 Detection Kit評価」をご覧ください。

お客様事例(アプリケーションノート)2021<11>

本アプリケーションノートでは、モバイルリアルタイムPCR装置であるPicoGene® PCR1100を用い、VT1、VT2 識別検出が可能か、検証を行いました。

小林 慎一 様

【モバイルリアルタイムPCR装置を用いたVT1/VT2の迅速識別検出】

腸管出血性大腸菌O-26、O-111、O-157のベロ毒素1型と2型の遺伝子をワンチューブの1回のランで迅速に型別検出することができました。操作も簡便ですので、取り急ぎ結果を知りたい時には有用な方法と思います。
今後、食中毒事件の原因究明や食品検査などへの応用が期待されます。

一般社団法人愛知県食品衛生協会 食品衛生センター
小林 慎一 様

PDFのダウンロードはこちら

詳しくは、アプリケーションノート「モバイルリアルタイムPCR装置を用いたVT1/VT2の迅速識別検出」をご覧ください。

応募概要

  • キャンペーン期間:2022年9月13日(火)~定員に達し次第終了
  • 応募要項
    ・下記の応募フォームよりご応募ください。
    ・ご応募は、1研究室につき1回限りとさせていただきます。
    ・後日ご使用後の感想をお伺いするメールをお送りしますのでご回答をお願いします。
    ・ご使用後のご意見、ご感想はWEBサイトにてカスタマーレビューとして掲載させていただきます。
    (掲載させていただく情報:施設・会社名、学部・部署名、お名前(ニックネーム掲載可))
    ・応募状況によっては、ご応募から発送まで数日お時間をいただきます。

応募フォーム

下記フォームに必要な情報をご入力の上、送信ボタンを押してください。

質問してみる!

「?」と思ったらすぐ解決。
どんな小さなことでもお気軽に。
ご意見・ご感想もお待ちしています。

WEB会員

記事の更新情報を受け取りたい方はコチラ

WEB会員 登録フォームへ

GeneF@N とは?