【ジェネのIHC、WB用抗体特集】Nordic Biositeって?ジェノスタッフによる抗体染色性検証済み製品とは?

日本ジェネティクスが扱う抗体特集
目次
  1. ジェノスタッフによる抗体染色性検証済み製品を一挙ご紹介 ←本記事はココ!
  2. Nodic Biosite社 抗体モニターユーザー様大募集
  3. Antagen社 アイソタイピングキット発売開始

市販されている抗体を使用して免疫染色を行ったものの、どれだけ手間と時間をかけて条件検討を行っても、期待する結果が何も得られずにどの結果が正解なのかも解らなかったという経験はございませんか?

高価な抗体を販売しているメーカーが染色性を保証しない、担保できないのは問題ではないでしょうか。

Nordic Biosite社の高品質抗体を今なら染色性試験モニターとして一緒に検証を進めていける方を募集しています。

Nordic Biosite 社とは?

Nordic Biosite 社は、スウェーデンにある、20年近い歴史を持った会社です。
研究及び診断用、免疫学及び分子生物学、製薬、バイオテクノロジーとして欧州ではその名が広く知られています。

同社は、お客様からのフィードバックやご意見を常に求める姿勢が文化となっている会社で、弊社とも非常に通ずるものがあります。

Optibodies™抗体がすごい!!

Nordic Biosite 社のOptibodies™抗体は、今日のIHC臨床検査室のニーズに合わせて慎重に検証され、微調整されています。Optibodies™は、NordiQCの管理組織および推奨基準を使用して検証および最適化されています。

NordiQC(Nordic immunohistochemical Quality Control)とは?

病理検査室スキームのアレンジ、組織検体ベースの検査や評価や改善のためのガイドラインの提供、及び優れたプロトコルを提供することによる免疫組織染色全般の高品質化を促進している独立した組織です。

NordiQCは、Optibodies™を使用して、当研究室の免疫組織化学の標準化と品質を促進したいと考えています。最新シリーズの北欧免疫組織化学的品質管理(NordiQC)スキームは、Optibodies™で最適な結果をもたらしました。

Optibodies™の特長は再現性だけではありません。
新開発のバッファーを用いることにより、4℃の冷蔵保存で約12ヶ月間、室温でも1~2週間の保存が可能です。(-20℃保存する必要がありません)

【取扱スタート!】Optibodies™ 免疫組織染色モノクローナル抗体

2018年7月3日

ジェノスタッフ社による染色性検証済み抗体とは

せっかく抗体を買っても…

販売もメーカーの情報通りに実験を行っても論文の通りに染まらない…。
メーカーサイトに免疫染色に適用すると記載があっても、抗原賦活化や染色プロトコルに関する情報がない…。

などございませんでしたか?

日本ジェネティクスで販売する抗体の中には、日本国内*で染色性を確認しており、染色プロトコルを開示しているものもございます。本記事ではそれら24品目の染色性検証済み抗体をご紹介いたします。
今まで研究者の皆様がおこなってこられた、染色条件の検討や評価にかかる費用と時間の省力に貢献したいと思っています。

*抗体の染色性を確認するのは、組織染色の受託会社として信頼の高い「ジェノスタッフ株式会社」で行っています。
ジェノスタッフ社はアプリケーション” in situ ハイブリダイゼーション(ISH)”において、4,000遺伝子以上の解析に成功、1,000種類以上の抗体を用いて免疫染色(IHC)の条件検討を実施してきた、高い技術をもった会社です。

ジェノスタッフ社による抗体染色性検証済み製品ラインナップ一覧は、下記リンクよりご確認ください。

一緒に抗体の染色性検証済みライブラリーを作りませんか?
モニターユーザー様大募集!

日本ジェネティクスでは、モニターとして抗体染色性検証を実施していただける方を募集いたします。染色性試験を検証していない前提でお手伝いいただける方を募集し、検証できたものを随時販売開始していこうと考えております。ご協力いただける方は下記リンクよりお申し込みください。

【キャンペーン概要】

  • キャンペーン期間:2019年4月1日~6月30日まで
  • 応募要項:
    ・お客様のご希望の抗体をお探しし、無償でご提供いたします。
    (お取り扱いの有無があり得ますので、予めご了承ください。)
    ・GeneF@N会員へのご登録が必須となります。
    ・使用結果のデータ提供、レビューコメント(ニックネーム掲載可)の提供は必須となります。(使用結果データ提供内容:画像データ、プロトコル、用いた試料名、抗体濃度、二次抗体情報など)

質問してみる!

「?」と思ったらすぐ解決。
どんな小さなことでもお気軽に。
ご意見・ご感想もお待ちしています。

WEB会員

記事の更新情報を受け取りたい方はコチラ

WEB会員 登録フォームへ

GeneF@N とは?