【ibidi社】画像解析サービスのご紹介

「顕微鏡で細胞を観察する容器」に特化して製品を開発している会社である ドイツのibidi社。
同社が提供している自動画像解析サービスは、一か月あたり12画像分まで、なんと無料で解析が受けられるというのをご存知ですか?
現在提供している画像解析サービスは、Wound Healing(創傷治癒・細胞移動アッセイ)およびAngiogenesis(血管新生)の二種類ですが、2020年初めにはChemotaxis(走化性アッセイ)も追加される予定です。
今回こちらの記事では、サービスの特長と無料トライアルアカウント登録方法をご案内いたします。

ACAS画像解析無料トライアルサービスの特長

  • 創傷治癒、細胞移動アッセイ、血管新生アッセイを行われる研究者さまにおすすめ
  • サンプル準備から画像解析まではわずか数ステップ
  • 客観的で再現性の高い解析
  • 簡単で高速なデータ処理–数分で結果が得られます
  • 追加のハードウェアやソフトウェアは必要ありません

無料トライアルサービスの解析メニュー

① 創傷治癒:Wound Healing

・創傷治癒および細胞移動アッセイの定量化を行います
・移動および侵入実験の画像解析とデータ解釈付き

本解析サービスでは、2D細胞の移動を評価します。
細胞移動アッセイ実験を行う際にはibidi Culture-Insertsを使用いただくことをお勧めします。
顕微鏡画像を取得したら、ACASアカウントにデータをアップロードして、分析ジョブを開始するだけです。わずか数分で詳細レポートが受け取れます。

1.細胞播種と
ギャップ形成
2.顕微鏡画像の取得 3.定量的画像分析 4.データ分析・評価

ibidi社製品ページはこちら


② 血管新生:Tube Formation

・チューブ形成アッセイの定量化を行います
・血管新生実験の画像解析とデータ解釈付き
・チューブ形成阻害の調査

チューブ形成画像解析は、血管新生アッセイにおける重要なステップです。
ACAS 画像解析は、セルラーネットワークの生成を定量的に評価することができます。
まず、µ-Slide Angiogenesisまたはµ-Plate Angiogenesis 96wellを使用して、チューブ形成実験を行い、顕微鏡画像を取得します。
顕微鏡画像を取得したら、ACASアカウントにデータをアップロードして、分析ジョブを開始するだけです。わずか数分で詳細レポートが受け取れます。

1.細胞播種と管形成 2.顕微鏡画像の取得 3.定量的画像分析 4.データ分析・評価

ibidi社製品ページはこちら

創傷治癒(Wound Healing)、血管新生(Tube Formation)それぞれの画像解析無料トライアルをお申込みのお客様は下記リンクよりアカウントのお申込みを行ってください。


各種画像解析サービス オーダー情報

※12画像分までは毎月無料で解析サービスをお受けいただけますが、それ以上は有料となります。

Cat No. 概要 解析ジョブ数 定価
(税抜)
32000-250 ACAS画像解析サービス
Wound Healing(創傷治癒)
250回 ¥75,000
32100-250 ACAS画像解析サービス
Angiogenesis(血管新生)
250回 ¥112,000

※価格は2019年9月現在のものです

サービス紹介ページ

ibidi社画像解析サービスChemotaxisベータテストのご案内

【ibidi社】自動画像解析サービス(Chemotaxis)ベータテスト参加者募集!

2019.09.26

 

質問してみる!

「?」と思ったらすぐ解決。
どんな小さなことでもお気軽に。
ご意見・ご感想もお待ちしています。

WEB会員

記事の更新情報を受け取りたい方はコチラ

WEB会員 登録フォームへ

GeneF@N とは?