HACCP完全義務化!「モバイルリアルタイムPCR装置」の活用事例紹介

2021年6月から完全義務化されるHACCP対策に活用できる製品をご紹介

2020年6月から施行が開始され、移行期間を経て2021年6月から原則としてすべての食品等事業者の皆様はHACCPに沿った衛生管理に取り組むことが義務化されます。
今回はこのHACCP対策で品質管理に活用できる製品とその活用事例をご紹介します。

HACCPとは?
HACCPとは「Hazard Analysis and Critical Control Point」から頭文字をとったものです。食品等事業者自らが食中毒菌汚染や異物混入等の危害要因(ハザード)を把握した上で製品の安全性を確保しようとする衛生管理の手法です。原材料の入荷から製品の出荷に至る全工程の中で、それらの危害要因を除去又は低減させるために特に重要な工程を管理します。

モバイル リアルタイムPCR装置 PicoGene® PCR1100

製品紹介

従来ラボでしか行えなかった遺伝子測定を、どこでも場所を選ばず行えるモバイル型の測定装置で、腸管出血性大腸菌やノロウイルスなど食品に感染した病原菌を、簡便に・迅速に・現場で一次スクリーニングすることを目的に開発された製品です。

製品特長
  • 小型モデルで現場への携行、その場での検査が可能
  • 高精度のまま、検査時間は最短で10分と大幅な時間短縮
  • 食中毒発生リスク大幅低減
  • 農産物・海洋資源の病原体スクリーニングが可能
  • 高病原性ウィルスの現地一次検査による感染拡大リスクを低減

活用事例紹介

①:腸管出血性大腸菌(O157など)の迅速スクリーニング

「すき家」「なか卯」をはじめとする各種外食チェーンを展開する株式会社ゼンショーホールディングス のグループ食品安全保証本部 中央微生物検査センター 微生物解析室様の事例です。
PicoGene®  PCR1100を使用すれば20分程度で結果が判明する「迅速性」を最大に活用され、さまざまな食中毒原因菌の遺伝子検査に利用されていらっしゃいます。

【UP!Online】
モバイル リアルタイムPCR装置 PicoGene® PCR1100 ご導入済み研究室インタビュー その3


②:カンピロバクターの迅速検査

食肉加工会社のお客様の事例です。
モバイルリアルタイムPCR装置を用いた、カンピロバクターの迅速検出法の正確性を、従来の培養法と比較した結果、全5検体で同様の結果を得ることができました。
また、カンピロバクターの検出方法は、判定結果が出るまでおよそ1週間から10日かかりますが、PCR法を用いれば、約20分という速さで判定結果を得ることが可能です。

【アプリケーションノート:ダウンロードはこちらから】
モバイルリアルタイムPCR装置を用いた カンピロバクターの迅速検出(PCR法と培養法の比較試験)


③:サルモネラ菌の迅速検出

カゴメ株式会社様の事例です。
腸管上皮細胞に感染して胃腸炎を起こす食中毒菌サルモネラをモバイルPCR装置で調べてみました。

【日本板硝子株式会社ホームページ】
サルモネラ菌の測定~カゴメ株式会社様ご提供~


④:エビAHPNDの迅速検出

株式会社TBA 研究開発 川瀬研究室分室様の事例です。
日本におけるエビの急性肝膵臓壊死症(Acute hepatopancreatic necrosis disease : AHPND)の蔓延を防止するため、水産資源保護法や持続的養殖生産確保法で防疫の対象である「特定疾病」及び水産資源保護法の輸入防疫対象疾病に指定され、PCRでの診断法が確立されていますが、今回現場での迅速診断を目的としてモバイルリアルタイムPCR装置を使用して系の確立を目指しました。

【アプリケーションノート:ダウンロードはこちらから】
モバイルリアルタイムPCR装置を用いたエビの急性肝膵臓壊死症(AHPND)の迅速検出

無料レンタル受付中

無料レンタルのご依頼はこちら。お気軽にお申し込みください。

【無料レンタル受付フォーム】モバイル リアルタイムPCR装置 PicoGene® PCR1100

2019年7月9日

モバイル型リアルタイムPCR装置 Franklin™

製品紹介

バッテリー搭載(フル充電で5時間使用可能)で、電源のない屋外のフィールドですぐにその場で解析可能。専用スマートフォンで誰でも簡単に操作ができ、1ラン辺り最大9サンプルの同時測定を可能とします。

製品特長
  • Franklin™本体とAndroidスマートフォンのセット
  • 測定したい場所で手軽に検出可能
  • 最大9サンプル(×3色=27ターゲット)まで同時に測定できます。
  • 現場固有のデータを収集し、リアルタイムPCRの結果をすばやくBiomeme Cloudにデータ転送できます。
  • スマートフォンでのデータ取得・解析が可能

無料レンタル受付中

無料レンタルのご依頼はこちら。お気軽にお申し込みください。

【無料レンタル受付フォーム】モバイル型リアルタイム定量PCR装置 Franklin™

2021年9月14日

質問してみる!

「?」と思ったらすぐ解決。
どんな小さなことでもお気軽に。
ご意見・ご感想もお待ちしています。

WEB会員

記事の更新情報を受け取りたい方はコチラ

WEB会員 登録フォームへ

GeneF@N とは?