【TwistDx社最新ニュースレター】世界中の研究者から注目されているRPAに関する最新の情報をお届けします!

お知らせ

2018年7月
TwistDx社の一部製品に販売中止がございます。
販売中止対象品について、詳しくはこちらの案内文よりご確認下さい。


新しいアプリケーションや論文など、TwistDx社から配信される最新のニュースをお届けします!今回は新着の文献情報を3件ご紹介いたします。

Operational utility of the reverse-transcription recombinase polymerase amplification for detection of dengue virus
(デングウイルスの検出のための逆転写リコンビナーゼポリメラーゼ増幅の実用性)

出典:Kim-Kee Tan, Noor Syahida Azizan, Che Norainon Yaacob, Nurul Asma Anati Che Mat Seri, Nur Izyan Samsudin, Boon-Teong Teoh, Sing-Sin Sam and Sazaly AbuBakar

 

 

<一部抜粋>
The dengue RT-RPA assay can be successfully performed by simply following the provided written instructions. Deviations from the written protocols did not adversely affect the outcome of the assay. These suggest that the RT-RPA assay is indeed a simple, robust…

(日本語訳)
デング熱RT-RPAアッセイは、説明書に記載された指示に従って実験を行ってください。プロトコルからの偏差は、アッセイの結果に悪影響を及ぼしませんが、これらは、RT-RPAアッセイが確かに単純で丈夫であることを示唆しています…

☞記事の続きはこちらからご覧ください。

Recombinase polymerase amplification assay combined with a lateral flow dipstick for rapid detection of Tetracapsuloides bryosalmonae, the causative agent of proliferative kidney disease in salmonids
(サケ科魚類中の増殖性腎疾患の原因物質であるTetracapsuloides bryosalmonae(ミクソゾア)の迅速検出を目的としたラテラルフローディップスティックとの組み合わせのリコンビナーゼポリメラーゼ増幅アッセイ)

   出典:Hatem Soliman, Gokhlesh Kumar and Mansour El-Matbouli

 

 

<一部抜粋>
A novel PKD-RPA assay for the detection of T. bryosalmonae was developed. The assay offers considerable advantages including speed, sensitivity, specificity and visual detection. Applying the PKD-RPA assay combined with an LFD enhances the surveillance and early detection of  …

(日本語訳)
T. bryosalmonaeの検出のための新規PKD-RPAアッセイを開発しました。 アッセイは、速度、感度、特異性および視覚的検出を含むかなりの利点を提供するもので、LFDと組み合わせたPKD-RPAアッセイを適用すると、サーベイランスおよび早期検出が強化されます…

☞記事の続きはこちらからご覧ください。

Detection of Entamoeba Species: A Comparative Analysis of Nested Multiplex PCR and Recombinase Polymerase Amplification
(Entamoeba種の検出:ネステッドマルチプレックスPCRとリコンビナーゼポリメラーゼ増幅の比較分析)

出典:Selvaratthinam Ajay Philips, Kumar Manochitra, Shashiraja Padukone and Subhash Chandra Parija

 

 

<一部抜粋>
The aim of the present study was to compare the diagnostic ability of nested-multiplex PCR and Recombinase polymerase amplification for differential detection of E. histolytica and E. dispar. The results of this study showed good agreement between the two tests.

(日本語訳)
本研究の目的は、ネステッドマルチプレックスPCRおよびリコンビナーゼポリメラーゼ増幅の診断能力をE.ヒストリチカおよびE.ディスパーの検出のために比較することです。 この試験の結果は、2つの試験の間に良好な一致を示しました。

☞記事の続きはこちらからご覧ください。
(“Download this article”よりPDFをダウンロードいただけます)

 


📚TwistDx社関連記事

TwistAmp® Liquidキットが、Best New Life Sciences Product of 2017を受賞!

2018.04.27

まだまだたくさんございます!TwistDx社の豊富な動画をご紹介!

2018.04.11

TwistDx社製品 取扱スタート!

2018.04.05

質問してみる!

「?」と思ったらすぐ解決。
どんな小さなことでもお気軽に。
ご意見・ご感想もお待ちしています。

WEB会員

記事の更新情報を受け取りたい方はコチラ

WEB会員 登録フォームへ

GeneF@N とは?