TwistDx社製品 取扱スタート!

お知らせ

2018年7月
TwistDx社の一部製品に販売中止がございます。
販売中止対象品について、詳しくはこちらの案内文よりご確認下さい。



皆さんはもうご存知ですか?
画期的な等温核酸増幅テクノロジーである RPA(Recombinase Polymerase Amplificaition)

なんと反応時間はわずか10分。サーマルサイクラーは必要ありません!
屋内、屋外の様々な現場において、短時間で簡単に従来のPCR/qPCRと同等の結果が得られる、
いま注目の技術です。

まだまだたくさん動画がございます!ご覧になりたい方はこちら

動画は日本語字幕付きで再生頂けます。
・【設定(歯車マーク)】⇒【字幕】から日本語を選択
・日本語がない場合は、【自動翻訳】から日本語を選択

RPAとは?
リコンビナーゼポリメラーゼ増幅(RPA)、二本鎖DNAの相同配列にオリゴヌクレオチドプライマーをペアリングさせ、そこに異なる酵素を同時に反応させることによって増幅が始まります。
その後、PCRと同様に反応が進みますが、すべての反応は等温で行なわれます。
特殊なプライマー設計も必要ありません。
最適な反応温度は、37℃~42℃です。サーマルサイクラーは不要。反応時間はわずか10分。
屋内、屋外の様々な現場において、短時間で簡単に従来のPCR/qPCRと同等の結果が得られます。
本当にいつでも、どこでも、簡単に!DNAが増幅できる時代の到来です。

RPAの応用例

  • アカデミア
  • 感染症
  • 食品検査
  • 環境・水質検査
  • バイオテロ対策
  • 農業(GMO)
  • POCT

 

RPA試薬キットラインナップ
– TwistAmp® シリーズ –

RPAテクノロジーを応用した試薬キットは大きく分けて2つ。

ベーシックキット(DNA Amplification Kits for R&D)

ベーシックリサーチや、目的に合わせてアレンジが可能なキット。
電気泳動、蛍光、ラテラルフロー等の検出方法と組み合わせてお使い下さい。

  1. TwistAmp® Basic
    プライマー及びテンプレート以外、DNA増幅に必要となる試薬類がすべて含まれています。
    検出はゲル電気泳動装置をお使いください。
  2. TwistAmp® exo
    蛍光プローブとExonucleaseの組み合わせによりリアルタイム検出が行えます。
  3. TwistAmp® fpg
    蛍光プローブとfpg酵素の組み合わせによりリアルタイム検出が行えるキット
  4. TwistAmp® nfo
    ラテラルフロー等のサンドウィッチアッセイ用に最適なキット

食中毒菌検出キット(Food Safety)

酵素、オリゴDNA等、DNA検出に必要な試薬類が全て含まれています。

  1. TwistAmp® exo + カンピロバクター
    ジェジュニ、コリを含むカンピロバクター菌を10分以内に蛍光リアルタイム検出できるキット
  2. TwistAmp® exo + リステリア
    リステリア・モノサイトゲネスのhly遺伝子を10分以内に蛍光リアルタイム検出できるキット
  3. TwistAmp® サルモネラ / TwistGlow® サルモネラ
    サルモネラ・エンテリカ invA遺伝子を10分以内に蛍光リアルタイム検出できるキット

■2018年7月
TwistDx社の一部製品に販売中止がございます。
販売中止対象品について、詳しくはこちらの案内文よりご確認下さい。


RPA技術に関する情報は他にも◎

  • アプリケーションノート(英語)

リコンビナーゼポリメラーゼ増幅(RPA)に適した等温法 – RPAの容積耐性の評価
Recombinase Polymerase Amplification (RPA) an isothermal technique suitable for a range of applications – Evaluation of RPA volume tolerance.

等温リコンビナーゼポリメラーゼ増幅インキュベーション温度耐性の評価
Evaluation of isothermal Recombinase Polymerase Amplification incubation temperature tolerance.

リコンビナーゼによるPCRD核酸ラテラルフローイムノアッセイの紹介
Introducing PCRD Lateral Flow strips with Recombinase Polymerase Amplification Compatibility

リコンビナーゼポリメラーゼ増幅(RPA)を用いたマルチプレックスへのフォーカス
Focus on multiplexing using Recombinase Polymerase Amplification (RPA)

次回は、反応チューブ6本同時に加温できるポータブルインキュベーター(Twirla)や、8サンプル同時にリアルタイム検出できる装置(T8-ISO)などをご紹介いたします。

■2018年7月
TwistDx社の一部製品に販売中止がございます。
販売中止対象品について、詳しくはこちらの案内文よりご確認下さい。

質問してみる!

「?」と思ったらすぐ解決。
どんな小さなことでもお気軽に。
ご意見・ご感想もお待ちしています。

WEB会員

記事の更新情報を受け取りたい方はコチラ

WEB会員 登録フォームへ

GeneF@N とは?