【製品性能評価】Vazyme Taq Pro Universal SYBR qPCR Master Mix 製品評価

日本ジェネティクスのテクニカルノートとは?

発売したばかりの新製品の性能評価や、既存製品の最適な条件を追求するための条件検討をすることでお客様に心からご納得頂いた上で商品をお使い頂けるよう、様々な評価試験を行っています。
採用前の検討資料として、または採用後の最適条件検討資料としてご活用ください。
また、当データに関するご質問はお気軽にページ下部のフォームよりお問い合わせください。


製品について詳しく見る

背景

Vazyme Biotech社 Taq Pro Universal SYBR qPCR Master Mixは、ROXがプレミックスされており、ROX補正が必要な様々なリアルタイムPCR装置はもちろん、ROX補正の必要のない装置でも使用できるSYBR試薬である。
また、一般的に使用されるSYBR試薬より蛍光強度が高く、S/N比を使用して補正を行う装置では、きれいなデータが得られる利点もある。
本資料では、研究室で多く使用されている一般的なSYBR試薬とTaq Pro Universal SYBR qPCR Master Mixが、同等の性能であるか比較検証を行った。

実験条件

結果

RAWデータ

  Taq Pro Universal SYBR qPCR Master Mix TY社SYBR qPCR Mix
LC96
QS5

human beta-actin human insulin

RAWデータでは、蛍光強度の上限がTY社SYBR qPCR Mix より、Taq Pro Universal SYBR qPCR Master Mix の方がかなり高い数値となった。

Analysisデータ

  Taq Pro Universal SYBR qPCR Master Mix TY社SYBR qPCR Mix
LC96
QS5

human beta-actin human insulin

TY社SYBR qPCR Mix、Taq Pro Universal SYBR qPCR Master Mixともにきれいな波形が認められた。

Cq値

  LC96 QS5
human beta-actin human insulin human beta-actin human insulin
Vazyme TY社 Vazyme TY社 Vazyme TY社 Vazyme TY社
5 ng/μL 21.36 21.04 23.64 23.15 22.54 21.38 25.04 23.42
5 ng/μL 21.31 21.06 23.64 23.19 22.65 21.19 24.98 23.36
1 ng/μL 23.48 22.77 25.57 25.03 25.06 23.46 27.41 25.35
1 ng/μL 23.46 22.83 25.43 24.84 25.11 23.55 27.26 25.56
0.2 ng/μL 25.89 25.95 27.85 27.99 27.69 26.18 29.96 28.04
0.2 ng/μL 25.99 25.65 28.09 27.68 27.71 26.28 29.74 27.76
NC 36.73 41.28
NC 40.32  –

VazymeとTY社を比較し、Cq値に大きな差は認められなかった

まとめ
Taq Pro Universal SYBR qPCR Master Mix、TY社SYBR qPCR Mix は、RAWデータではVazymeの蛍光強度が高くなったが、増幅曲線、Cq値ともに大きな差は認められなかった。
これより、 Vazyme Biotech社 Taq Pro Universal SYBR qPCR Master MixとTY社SYBR qPCR Mixは、同等であると考えられる。

 

この記事で紹介した製品

質問してみる!

「?」と思ったらすぐ解決。
どんな小さなことでもお気軽に。
ご意見・ご感想もお待ちしています。

WEB会員

記事の更新情報を受け取りたい方はコチラ

WEB会員 登録フォームへ

GeneF@N とは?