GenapSys™ ポータブルディジタルDNAシークエンサーを大特集!!【第一弾】超コンパクトでらくらく操作

PCRがデジタルPCRへと進化したように、遂にDNAシークエンサーにもデジタルシークエンサーが登場しました!
その名も、米国 GenapSys™(ジナップシス)社より発売された「GenapSys™ ポータブルディジタルDNAシークエンサー」です。
日本全国の研究者の皆さま待望の、こちらの新製品の魅力を4回に渡ってお届けします。

【第一弾】超コンパクトでらくらく操作 ←今回はこちら
【第二弾】サンプル調整は専用装置におまかせ!
【第三弾】アプリケーション例のご紹介
【第四弾】詳細スペック

第一弾「超コンパクトでらくらく操作」

驚きのA4サイズのフットプリント。重さはわずか4.3kg!

斬新かつ革新的なテクノロジーを搭載した高性能な装置にもかかわらず、大きさはA4サイズほぼ同じの超コンパクトサイズ(幅19 cm x 奥行30 cm x 高さ14 cm)、さらに重さもわずか4.3 kgと軽量です。
GenapSys™は、電子データ検出、CMOS(相補型金属酸化膜半導体)チップテクノロジー、および実証済みのシーケンス合成(SBS)ケミストリーを組み合わせて高精度なデータを提供します。

              16 Mチップ:10~13 Mリード、1.2~2.0 Gb出力

メンテナンスフリー!その理由は・・・

装置の操作は、本体前面にセンサーチップを挿入するだけですので、専任のオペレーターも必要ありません。また、シーケンスの読み取りはセンサーチップ内部で行うため、本体のメンテナンスも不要です。

  • GenapSys™のコアテクノロジーは、純粋に電気的シーケンスを実現する業界初のCMOS(相補型金属酸化膜半導体)チップです。
  • 光学的な読み取り方式とは違い、過剰なサンプルのバッチ処理を必要としませんので、費用対効果の高いスケーラブルなソリューションを提供します。
  • 1600万個、あるいは1億4400万個(2020年9月以降発売開始予定)のセンサーチップを選択することで、プラットフォームを交換することなく、いつでもスループットを拡大できます。 適切なチップをロードするだけで、がんパネルやヒト全ゲノム解析など、幅広いターゲットをシーケンスすることができます。

 

       16M センサーチップ       144M センサーチップ
     (2020年9月以降発売予定)

次回、【第二弾】サンプル調整は専用装置におまかせ!では、
全自動で行えるサンプル調整(GenapSys™ Sequencing Prep System)についてお伝えいたします。

製品詳細ページ

質問してみる!

「?」と思ったらすぐ解決。
どんな小さなことでもお気軽に。
ご意見・ご感想もお待ちしています。

WEB会員

記事の更新情報を受け取りたい方はコチラ

WEB会員 登録フォームへ

GeneF@N とは?