FAS-Digi PROご導入済み研究室インタビュー その3

高感度CMOSカメラ搭載、光源は人とサンプルにやさしいBlue/Green LED。
安全かつ幅広い核酸染色試薬との相性の良さでファン多数のゲル撮影装置 FAS-Digi PRO(ファスデジプロ)の魅力を、実際にご使用されているユーザー様に語っていただくべく、本機を導入いただいている研究室様にオンラインでのインタビューを企画いたしました。

お話聞かせてください!研究室インタビュー

お忙しい中、快くインタビューに応じてくださったのは、
東京大学 大学院工学系研究科・工学部 化学生命工学専攻・化学生命工学科
RNA生命化学研究室(鈴木研究室) の 大平先生です。

では、さっそくお話を伺っていきましょう。

FAS-Digi PRO のご紹介はこちら


■ 研究テーマについて教えてください。

大平先生
私たちはRNAの機能において重要な役割を担っているRNA修飾を研究対象とし、その機能や調節機構を理解することを通じて、複雑な生命現象の背景にあるRNA修飾が関与する遺伝子発現の制御機構を明らかにすることを目的としています。
 

■ とても難しそうに聞こえましたが、HPを拝見させていただいたところBBQのお写真等もあって、難しい研究漬けで過ごされている訳ではないのだなと少し安心いたしました。
 早速ですが、FAS-Digi PROを用いた研究内容について教えてください。

大平先生
ゲル電気泳動したDNAやRNAの写真撮影とゲル切り出しの際に使用しています。
また、市販の白色LEDをルームライトとして取り付けて寒天培地の撮影にも使用しています。
 

■ 寒天培地の撮影にもご使用いただいているのですね。
 FAS-Digi PROを採用いただいたきっかけを教えてください。

大平先生
SYBR Gold染色したゲルの観察に使える事と、操作が簡便かつゲル切り出し作業が出来る事の2点です。
 

■ FAS-Digi PROをご利用いただいた結果と感想を教えてください。

大平先生
きれいな写真が取れているので満足しています。
 

■ ありがとうございます。
FAS-Digi PROについて今後改良や改善を希望される点はございますか?

大平先生
先ず、ソフトウェアについて、ピントや明るさの調節がもう少し直感的にわかるといいのと、撮影条件のプリセットを複数登録出来るといいですね。(編集部注:現状では前回設定を保持)
また、プレビューを簡単に見られるようにもしてほしいです。

ハードウェアについては、ゲル切り出し作業がもう少しやり易くできると嬉しいです。

電源・ライトを付けたままにしてまうことが稀にあるので、装置のON・OFFの状態が分かり易いといいですね。
また、オレンジフィルターの付け外しを簡便にするなど改良が施されたことで他の用途にも使い易くなっていますが、さらにデジカメの使い勝手の良さを生かせるように改良してもらえると使い道が増えるので嬉しいです。

 

■ 貴重なご意見ありがとうございます!
本機の機能をすみずみまでご活用いただいているのが伝わってきます。
先生の研究室ではいち早く(2018年12月)FAS-Digi PROをご導入いただいたのですよね。
その後カメラもグレードアップ(Canon EOS 250D)、タブレット付属タイプなども発売されました。2021年1月のソフトウェアのバージョンアップでは、露光時間を自由に設定できるようにもなりました。
常に進化している新しいFAS-Digi PROを体験していただけたら嬉しいです。

ここが改良されました!

 

1)白色LEDが使えます
・カメラレンズに装着されているオレンジフィルターが脱着可能になったため、白色LED(別売り)を使用することでSDS-PAGE(CBB染色)ゲル、ウエスタンブロットメンブレンの撮影が可能です。

白色LEDが使えます

2)ゴーグル装着することなくバンド確認・ゲル切り出しができるようになりました
・脱着&収納可能なオレンジフィルターが付属しました。ゲル切り出しもノーストレスで行っていただけます。
・使わないときはドアの内側に収納しておけます。マグネット付きでワンタッチ装着可能です。

オレンジフィルター

 

■ 話は変わりますが、本機をご導入いただく前から日本ジェネティクスのことは知っていただけていましたでしょうか?

大平先生
はい、知っていました。
プラスミド精製キットなどを利用しています。
 

■ ありがとうございます。
 日本ジェネティクスに対してどのような印象をお持ちでしたか?

大平先生
スタッフの方が直接研究室にいらしてフィードバックを求めていらっしゃいました。
自社製品の改善に真剣に取り組んでいる姿が印象的でした。
 

■ その節は大変お世話になりました。ありがとうございました。
 最後になりますが、当社に期待していることなどございましたらお聞かせください。

大平先生
これからも便利な製品をどんどん生み出してほしいです。
 

■ ありがとうございます。社員一同、精進させていただきます!
 最後に、他の研究室に伝えたいことがあれば教えてください。

大平先生
FAS-Digi PROはゲル撮影装置として十分良い製品だと思います。
ゲル以外のものを撮影することを考えている方は、デモをしてしっかり検討していただきたいと思います。

NGC営業担当者より

NGC営業担当者
FASシリーズを長くお使いいただいていて、ハイスペックモデルのFAS-Vのデモも同時に行い、比較検討されたうえで御購入いただきました。FAS-Digi PROを納品させていただいたのは2018年の12月でした。
その際、エチブロとUV、ミドリグリーンXtraとBlue/Green LEDでの撮影において同等にバンドが検出できるか?というポイントを見ていただき、同等の評価が得られたため採用していただきました。
ご購入後、弊社取締役のヤーゲン・ルンツァーがドイツから来日した際にも、製品の使用感などについてお話をお伺いするお時間を取っていただいたり、今回のインタビュー企画にもご協力いただき、本当にありがとうございます。
お邪魔させていただいた際には、良い点も悪い点もすべて正直にお聞かせいただき大変参考になりました。実際にご使用されている方の生の声を聞かせていただく事で、他のお客様へも自信をもってお勧めできる契機となりますし、製品の改善にもつながりますので、本当に感謝しております。
今後もご意見、ご要望がございましたらお気軽にご連絡ください。
 

東京大学 大学院工学系研究科・工学部 化学生命工学専攻・化学生命工学科
RNA生命化学研究室(鈴木研究室)
大平先生
この度は貴重なお話ありがとうございました。

 

FAS-Digi PRO のご紹介

製品情報ページでは、製品の詳細な情報やお得なキャンペーン情報、お客様からいただいた生の声などが満載です。
FAS-Digi PROの4大特長をご紹介した特集ページもございますので、是非ご覧ください。

 

デモのご依頼はこちら。お気軽にお申し込みください。

ゲル撮影装置FASシリーズ無料レンタル

【無料レンタル受付フォーム】ゲル撮影装置 FASシリーズ

2021年3月31日

質問してみる!

「?」と思ったらすぐ解決。
どんな小さなことでもお気軽に。
ご意見・ご感想もお待ちしています。

WEB会員

記事の更新情報を受け取りたい方はコチラ

WEB会員 登録フォームへ

GeneF@N とは?