バンバンカー活用事例:バンバンカーを用いたCAR-T細胞の保存

こちらのコーナーでは新しい製品情報や、論文内容など皆さまに”ちょこっと”お伝えしたい最新ニュースをピックアップしてお伝えします!
本日は、細胞凍結保存液のバンバンカーを活用した事例についてご紹介します。

バンバンカーとは?

バンバンカー製品紹介

 

バンバンカーは、血清不含有タイプの細胞凍結保存液です。
血清含有タイプの凍結保存液と比較した場合、成分組成によるロット間差の影響を受けることなく、安定した保存を可能とします。

 

製品の詳細はこちら

バンバンカーを用いたイヌCAR-T細胞の凍結保存法が報告されました

<Optimization of canine CD20 chimeric antigen receptor T cell manufacturing and
in vitro cytotoxic activity against B‐cell lymphoma>

近年、がん免疫療法などとと言われ、細胞を利用したがんの新しい治療方法に注目が集まっています。ヒトB細胞性リンパ腫に対するがん免疫細胞療法に用いられる細胞に、CAR-T細胞があります。
今回紹介する論文は、イヌの治療に用いるCAR-T細胞を作製し、その凍結保存にバンバンカーを持ちいることができることを報告しています。
CAR-T細胞を凍結保存できるという事は、治療に使用するタイミングに時間的選択肢を与えるということを意味する重要な知見になります。このことから、今後、バンバンカーは、イヌがん免疫細胞療法の発展に寄与すると思われます。また、ヒトなど、種の異なるCAR-T細胞凍結保存に応用できることを期待させるものであり、バンバンカーの今後がますます注目されます。

Wiley Online Libraryで紹介された論文内容

質問してみる!

「?」と思ったらすぐ解決。
どんな小さなことでもお気軽に。
ご意見・ご感想もお待ちしています。

WEB会員

記事の更新情報を受け取りたい方はコチラ

WEB会員 登録フォームへ

GeneF@N とは?