【新発売】検体採取コストを最小化!ウイルス不活化 保存/輸送用試薬

検体採取のコストが高いとお困りではありませんか?
コストを低く抑え、
かつ採取方法を選ばず感染リスクも低減する試薬がございます。

このたび弊社では、採取した検体をウイルス不活化することで感染リスクを低減し、室温保存も可能な試薬を提供開始いたします。

高額なキットを用いなくても、お手持ちの或いは単品のスワブや容器を別途ご用意いただき組み合わせることで、Swab法(鼻腔、口腔)でもSaliva法(唾液)でも利用することができます。
ウイルスを不活化するので、検査技師をはじめご利用者の安全を確保できます。

特長

ウイルスを不活化し、また様々なサンプル(唾液、⼝腔液、体液、全血、綿棒)を安全に室温で保管・輸送が可能となります。
溶液のみの取り扱いなので、Swab法(鼻腔、口腔)や Saliva法(唾液)にも対応できます。

ウイルス不活化
サンプルに存在する可能性があるウイルスを迅速に不活化するとともにサンプルを迅速に不活化して感染源を迅速に遮断し、感染リスクが大幅に低減されることにより安全を確保できます。

採取方法を選びません
Swab法(鼻腔、口腔)や Saliva法(唾液)にも対応可能のため、汎用的にまた安価に利用することができます。

安定性
サンプルは通常の温度条件で輸送でき、検出率を効果的に高めます。

製品情報

Cat.No. 製品名 容量 価格(税抜)
BSC82M1 ウイルス不活化 保存/輸送用試薬 200 mL ¥11,800

※価格は2020年6月現在のものです

 

関連製品

COVID-19対策用品紹介ページにて、「ウイルス核酸精製キット」をはじめ、検査機器、試薬、消耗品など各種関連製品をご紹介しています。

COVID-19 対策用品を一挙ご紹介!

2020.06.09

質問してみる!

「?」と思ったらすぐ解決。
どんな小さなことでもお気軽に。
ご意見・ご感想もお待ちしています。

WEB会員

記事の更新情報を受け取りたい方はコチラ

WEB会員 登録フォームへ

GeneF@N とは?