【第1弾】細胞接着を自在にコントロール!ibidi マイクロパターンスライドを徹底解剖

ibidiマイクロパターンスライドを徹底解剖-アイキャッチ

第1弾 マイクロパターンスライドの有用性

特定の細胞において、細胞形状や分布がその細胞機能に対し密接に関係することがあります。このため、細胞の形状やパターンは、生命現象を明らかにしていく上でとても興味深いファクターと考えられます。弊社では、この細胞の接着形状や分布パターンをコントロールできるibidi社製マイクロパターンスライドを取り扱っています。
今回から3回にわたり、このマイクロパターンスライドについて徹底解剖いたします。

この記事で紹介した製品

マイクロパターンスライドとは

ibidiマイクロパターニングは細胞培養をする際に、細胞接着領域の制御を可能にする技術です。実験方法に適したパターンを選択することで、シングルセルを等間隔に並べたり、スフェロイドや特定形状に細胞を並べたりすることができます。

µ-Slide VI 0.4のTest µ-Pattern #10

µ-Slide VI 0.4のTest µ-Pattern #11d

※画像説明 
左:µ-Slide VI 0.4のTest µ-Pattern #10で培養したHUAEC(ヒト臍帯動脈内皮)細胞。赤色:F-Actin細胞骨格(ファロイジン)、白:核(DAPI)
右:µ-Slide VI 0.4のTest µ-Pattern #11dで2日間培養したHAoECs(ヒト大動脈内皮)細胞。赤色:F-Actin細胞骨格(ファロイジン)、緑:アドヘレンズジャンクション(VE-カドヘリン)、白:核(DAPI)

撮影環境:広視野蛍光顕微鏡観察(Zeiss Axio Observer)、対物レンズ10倍

マイクロパターニングテクノロジーの原理

マイクロパターニングの細胞接着パターンは、細胞非接着性加工された表面(バイオイナート表面)に対し、細胞接着性物質を接着させることで作成します。ibidi社マイクロパターニングでは、この細胞接着性物質として、フィブロネクチン結合モチーフであるトリペプチドArg-Gly-Asp(Arginine, Glycine, Aspartate/RGD)を使用しています。RGDトリペプチドはバイオイナート表面に対し共有結合で接着しているので、描いた細胞接着パターンは大変安定です。細胞を播種すると、細胞は細胞接着パターンにしか接着できないため、パターンに沿って細胞が配置されます。

マイクロパターニングテクノロジーの原理

シングルセルアレイ

マイクロパターンの主要な使用方法として、平面上で細胞をひとつずつ特定間隔で並べる、シングルセルアレイが挙げられます。このシングルセルアレイは、1つの細胞が接着するために適したサイズのドットを培養面にデザインすることで可能になります。このドットサイズは、シングルセルアレイを成功させるために重要なファクターです。細胞サイズに対しドットサイズが大きいと、複数の細胞が1つのドットに接着してしまいます。一方、ドットサイズが小さすぎると、十分な細胞接着力が得られず、細胞が上手くアレイできなくなります。ibidi社では、このシングルセルアレイ用途として、一辺20 µm の正方形ドット(ib83801、ib83601)および30 µm 正方形ドット(ib83803、ib83603)を用意しています。このため、使用する細胞に応じた適切なドットサイズを選択することができ、多様なサイズの細胞に対し機能させることができます。 

パターンの形状
ib83801

20 µmタイプ

  • ib83801
  • ib83601

 

 

 

 

ib83803

30 µmタイプ

  • ib83803
  • ib83603

 

 

 

製品仕様

  µ-Slide 8 Well high
µ-Slide VI 0.4
ib83801 ib83803  ib83601 ib83603
結合モチーフ RGD RGD
パターンの形状 正方形 正方形
一辺の長さ 20 µm 30 µm 20 µm 30 µm
ピッチ 110 µm 110 µm
パターンの配置 六角形 六角形
表面処理 Bioinert Bioinert
パターンの数 ウェルあたり約9,500 チャネルあたり約6,000

製品価格

CatNo. 製品名 単位 価格
税抜き
µ-Slide 8 Well high
ib83801 µ-Slide 8 Well high µ-Pattern RGD, sqr20, pit110, hex 10枚 ¥141,100
ib83803 µ-Slide 8 Well high µ-Pattern RGD, sqr30, pit110, hex 10枚 ¥141,100
µ-Slide VI 0.4
ib83601 µ-Slide VI 0.4 µ-Pattern RGD, sqr20, pit110, hex 10枚 ¥141,100
ib83603 µ-Slide VI 0.4 µ-Pattern RGD, sqr30, pit110, hex 10枚 ¥141,100

※価格は2023年1月現在のものです。
※各種トライアルパック(2枚入り)の取り扱いもございます。

マルチセルアレイ

もうひとつの主要な使用方法として、複数個の細胞をまとめて特定間隔で並べるマルチセルアレイが挙げられます。このマルチセルアレイは、1つのドットに複数の細胞が接着できるので、以下のような用途に使用できます。

  • 特定位置におけるスフェロイド作成:ドットに複数の細胞が接着できる場合、ドット上で細胞塊(スフェロイド)を形成することがあります。この特性は細胞種に依存します。この性質を利用すれば、培養面上の特定位置にスフェロイドを作成できます。
  • 細胞バッチの作成:スフェロイド化しにくい細胞は、ドットの形状に沿って扁平に接着します。このようにしてできた細胞群それぞれを、1バッチとして扱い、バッチテスト等に使用できます。
  • 作成スフェロイドの配置:他キット等で作成したスフェロイドやオルガノイドを再播種し、培養面上の特定位置にアレイすることもできます。

ibidi社ではマルチセルアレイ用途として、直径100 µm、円形の細胞接着パターンを500 µm間隔で刻んだマイクロパターンを用意しています(ib83802、ib83602)。このため、細胞群は500 µm間隔でアレイされることになります。

パターンの形状(共通)
マルチセルアレイのパターン形状
  • µ-Slide 8 Well high
  •  µ-Slide VI 0.4

 

 

 

製品仕様

  µ-Slide 8 Well high µ-Slide VI 0.4
ib83802 ib83602
結合モチーフ RGD RGD
パターンの形状
一辺の長さ 100 µm 100 µm
ピッチ 500 µm 500 µm
パターンの配置 六角形 六角形
表面処理 Bioinert Bioinert
パターンの数 ウェルあたり約450 チャネルあたり約300

製品価格

CatNo. 製品名 単位 価格
税抜き
µ-Slide 8 Well high
ib83802 µ-Slide 8 Well high µ-Pattern RGD, cir100, pit500, hex 10枚 ¥141,100
µ-Slide VI 0.4
ib83602 µ-Slide VI 0.4 µ-Pattern RGD, cir100, pit500, hex 10枚 ¥141,100

※価格は2023年1月現在のものです。
※各種トライアルパック(2枚入り)の取り扱いもございます。

スライドの形状についてのご紹介

ibidi社マイクロパターンスライドでは、ベーシックなチャンバータイプ(µ-Slide 8 Well high)に加え、細胞を均一に播種しやすい、チャネルタイプ(µ-Slide VI 0.4)のスライドも用意しています。このチャネルタイプのスライドは、ルアーコネクターを介して、灌流培養用ポンプにも接続できます。

シングルセルアレイ用マイクロパターンスライド (µ-Slide 8 Well high)

µ-Slide 8 Well high (ib83801/ib83803/ib83802)

テストアレイ用マイクロパターンスライド (µ-Slide VI 0.4)

µ-Slide VI 0.4 (ib83601/ib83603/ib83602)

この記事で紹介した製品

製品に関するより詳しい情報・資料は、下記リンクの製品詳細ページからご覧ください。

シングルセルアレイ
  • µ-Slide 8 Well highの価格・詳細はこちら
  • µ-Slide VI 0.4の価格・詳細はこちら
マルチセルアレイ
  • µ-Slide 8 Well highの価格・詳細はこちら
  • µ-Slide VI 0.4の価格・詳細はこちら

 

次回は・・・

テクニカル担当者
第2弾では、プレート種類が大幅に増えたテストアレイ用マイクロパターンスライドについてご紹介します。お楽しみに!

関連記事

ibidiアプリケーションの基礎知識から実験例まで、わかりやすくご紹介!

ibidi アプリケーションガイド集

質問してみる!

「?」と思ったらすぐ解決。
どんな小さなことでもお気軽に。
ご意見・ご感想もお待ちしています。

WEB会員

記事の更新情報を受け取りたい方はコチラ

WEB会員 登録フォームへ

GeneF@N とは?