【製品性能評価】ライブラリー作製におけるビーズ性能比較

日本ジェネティクスのテクニカルノートとは?

発売したばかりの新製品の性能評価や、既存製品の最適な条件を追求するための条件検討をすることでお客様に心からご納得頂いた上で商品をお使い頂けるよう、様々な評価試験を行っています。
採用前の検討資料として、または採用後の最適条件検討資料としてご活用ください。
また、当データに関するご質問はお気軽にページ下部のフォームよりお問い合わせください。


テクニカルノート2021<06>
評価製品:
KAPA HyperPure Beads (Cat.No. KK8007/KK8009/KK8010)

製品について詳しく見る

目的

本テクニカルノートでは2021〈05〉のテクニカルノートで紹介したプロトコルで作製したライブラリーを用いて、KAPA HyperPure Beadsとビーズ精製試薬のスタンダードである製品Aの結果に差が出るのか比較を行った。

方法

比較対照製品 製品A
ライブラリー作製 KAPA HyperPlus Kit(for illumina)、KAPA Universal Adapter、KAPA Unique Dual Index Primer Mixesを使用
詳細はテクニカルノート2021〈05〉参照
使用DNA genomic DNA 100 ng(CORIELL INSTITUTE, NA19240)
評価方法 作製ライブラリーをRNA Free水にて10倍希釈後、TapeStationにてサイズ計測した。
ライブラリー収量は、Qubitにて濃度測定を行い算出した。
使用機器 4150 TapeStation システム(アジレント・テクノロジー株式会社)
Qubit 4 Fluorometer(Thermo)

結果

結果① サイズの比較

 

 

結果② 収量の比較

結果①、②より、HyperPure Beadsの使用で、製品Aと近いライブラリーが得られたことが分かった。

結論

KAPA HyperPure Beadsについて
製品Aと比較して、サイズ、収量とも同等のライブラリーが作製でき、本実験使用プロトコルにおいて、使用可能であることが確認できた。

 

この記事で紹介した製品

質問してみる!

「?」と思ったらすぐ解決。
どんな小さなことでもお気軽に。
ご意見・ご感想もお待ちしています。

WEB会員

記事の更新情報を受け取りたい方はコチラ

WEB会員 登録フォームへ

GeneF@N とは?