第二十回 ジカ熱とハイブリッドの謎

塩田先生コラム 第九回
塩田 邦郎 先生のご紹介

早稲田大学 理工学術院総合研究所 客員上級研究員・客員研究院教授
(東京大学名誉教授)

1979年より製薬会社中央研究所、1987年より東京大学(農学生命科学研究科)、2016年からは早稲田大学にて研究されてきた。素朴な生物学の影を残した時代から、全生物のゲノム情報を含む生命科学の基礎と産業応用の飛躍の時代になった。本コラムでは大学や企業での経験も交えながら、専門分野のエピジェネティクスを含めた自由な展開をお願いしました。


第二十回 ジカ熱とハイブリッドの謎

 “カエルの子はカエル”だが、“鳶(トビ)が鷹(タカ)を生む”こともある。前者はメンデルの法則で説明できる。しかし、トビ→タカとなるとお手上げだ。キューバ産とメキシコ産の両親から生まれた蚊が、ブラジル産蚊と交配し、スーパー・スターが誕生したらしい。ジカ熱の原因ウイルス(ジカウイルス)を媒介する蚊(ネッタイシマカ、Aedes agegypti)の話である。

 ジカ熱は中南米やカリブ海領域でみられる感染病で、妊婦が感染すると新生児小頭症の原因となる。しばらく前、ブラジルで小頭症の新生児が増え大きなニュースになった。その後に米国フロリダでも感染者が見つかり騒ぎが広まった。

 ネッタイシマカは、ジカ熱の他にも、黄熱(黄熱ウイルス)、デング熱(デング熱ウイルス)など、深刻な病の原因ウイルスを伝搬する。ネッタイシマカは世界の亜熱帯、熱帯に広く分布しており、かつては南西諸島、九州の一部、小笠原諸島でも存在したらしい。今後、流通の発達と地球温暖化などの環境変化で、ネッタイシマカが日本に定着しても不思議はない。殺虫剤による蚊の駆除が試みられ一定の効果はあるようだが、中南米では未だに感染による被害は続いており蚊の撲滅は重要課題になっている。

 遺伝子操作により繁殖できない昆虫を生みだす「昆虫の撲滅作戦」は以前から提唱されていた。そして昆虫に死をもたらす人工遺伝子tTAVが開発された(Insect Biochem. Mol. Biol. 32:1243–7, 2002)。このtTAV致死性遺伝子は、テトラサイクリンによって発現が抑制されるように設計されており、テトラサイクリンが存在しない環境下ではtTAV遺伝子が発現して致死性の遺伝子産物が体内に蓄積し成熟前に死滅する。tTAV遺伝子を持つ個体は、仮に野に放たれても幼虫で死に絶え、広まることはないと考えられるのだ。

質問してみる!

「?」と思ったらすぐ解決。
どんな小さなことでもお気軽に。
ご意見・ご感想もお待ちしています。

WEB会員

記事の更新情報を受け取りたい方はコチラ

WEB会員 登録フォームへ

GeneF@N とは?