検体採取から輸送・保管まで。 ワンストップで揃います。

すべてお任せください!

検体の採取 〜 輸送 〜 保管にご使用いただける製品を数多く取り揃えております。
サンプル種や用途に合わせてお選びください。
お選びいただく際のご参考に、製品の選択方法もご用意しております。ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。

採取

フロック鼻咽頭スワブ

• 検体採取用のスワブ単体
• フロックタイプで目的検体の高回収が期待できます。

▶ 製品情報 は こちら

輸送用スワブキット

• ウイルス不活化 保存/輸送用試薬(ITM)がセットになったスワブキット
• これ1つで検体採取から保存、輸送まで行えます。

▶ 製品情報 は こちら

FastGene™ 唾液コレクター

• 唾液採取に特化した採取具
• ウイルス保存/輸送用試薬を別途ご用意いただき、組み合わせてご使用いただくことで、ウイルス検体採取・輸送・保管までを低コストで行っていただけます
• 簡単・安全・非侵襲
• 使いやすい唾液サンプル採取具です。

▶ 製品情報 は こちら

FastGene™ 唾液コレクションキット

• 唾液採取タイプのため、非侵襲で安全です。
<RNA>
• ウイルス不活化成分(ITM)を含有しているため室温での輸送が可能
• 取扱中の感染リスクを最小化します。
• 安定化試薬を含有しているためRNAの分解を阻止できます。
<DNA>
• 非侵襲な検体採取方法で安定的なDNA収量を得られます。
• 唾液採取後、直ちにDNAを安定させる試薬が入っているため、室温での長期保管・輸送が可能です。

▶ 製品情報 は こちら

ディスポーザブル フェイスシールド

• 飛沫や液体を防ぐ使い捨てフェイスシールド
• キズが付きにくい透明度の高いフィルムで180度保護します。
• 軽量で頭部を圧迫しにくい構造で、フィルムには曇りにくい加工がされています。

▶ 製品情報 は こちら

隔離ガウン

• 検体採取などで使える隔離ガウン
• PP不織布+TPUフィルム製
• CE認定製品です。

▶ 製品情報 は こちら

保存・輸送

ウイルス保存/輸送用試薬(VTM)

• ウイルス不活化成分を含まない、保存・輸送用の試薬です。
• 別途、鼻腔用スワブや唾液コレクターと組み合わせていただくことで、Swab法(鼻腔、口腔)や Saliva法(唾液)にも対応できます。
※本製品はウイルス不活化成分を含んでおりません。

▶ 製品情報 は こちら

ウイルス不活化 保存/輸送用試薬(ITM)

• ウイルスを不活化および、ヌクレアーゼ活性も不活化し、また様々なサンプル(唾液、口腔液、体液、全血、綿棒)を安全に室温で保管・輸送が可能となります。
• 別途、鼻咽頭用スワブや唾液コレクターと組み合わせていただくことで、Swab法(鼻腔、口腔)やSaliva法(唾液)にも対応できます。

▶ 製品情報 は こちら

FastGene™ DNA Save チューブ

• カードタイプでは難しかった、保存した核酸の全回収が簡単に!
• 精製済みDNAの保存に適したチューブタイプ
• 経済的な室温保管・輸送が可能
• カードタイプでは難しい自動化に適合

▶ 製品情報 は こちら

FastGene™ RNA Save チューブ

• カードタイプでは難しかった、保存した核酸の全回収が簡単に!
• 精製済みRNAの保存に適したチューブタイプ
• 経済的な室温保管・輸送が可能
• カードタイプでは難しい自動化に適合

▶ 製品情報 は こちら

FastGene™ DNA Saveペーパー

• 洗浄ステップ不要のダイレクトPCR分析が可能(要条件検討)
• 長期間の安定的なDNA保管・輸送に便利(カビ防止は、相対湿度40%未満に保ってください)
• Active Chemical Protection技術でDNAを保護いたします。
• 法医学検体採取の必要性および研究標本の収集に適しています。

▶ 製品情報 は こちら

FastGene™ クライオチューブ

• 自立型(チューブ内部は丸底仕上げ)
• 推奨使用温度範囲:−196℃ ~ +121℃
• 別売の2Dバーコード付インサートにより、サンプル融解不要でいつでもバーコード管理ができます。

▶ 製品情報 は こちら

クライオバイアル

• 液体窒素で-196℃まで保存可能(気相使用)です。
• 自立型

▶ 製品情報 は こちら

SAFE® 2Dバーコードクライオチューブラックシステム


• ラック・チューブともに液体窒素で−196℃まで保存可能(気相使用)
• ISOクラス8のクリーンルーム条件で製造
• 用途に合う製品が必ず見つかる豊富なラインナップ
• インナーキャップまたはアウターキャップ式

▶ 製品情報 は こちら

クライオ用SBSフォームチューブラック

• 底に穴が開いており、バイアルを入れたままの状態でバーコードインサートを読み取ることができます。
• 40本立て

▶ 製品情報 は こちら

FastGene™ 凍結保存スクリューキャップチューブ

• O-リングにはシリコンゴムを採用
• 推奨使用温度範囲:−80℃〜+121℃
• 別売の2Dバーコード付インサートを使用することにより、後からでもバーコード管理ができます。

▶ 製品情報 は こちら

FastGene™ スクリューキャップチューブ 核酸低吸着タイプ

吸着によるロスを最小限に抑えることでコスト削減をし、正確な分析結果を得て、長期間の保存を安全に行うことができます。
• 透明感の高い材質を採用しており目視確認もしやすく、目盛が印字されているので、スピーディーな容量確認に便利です。
※本製品は加熱処理等の実験にはご使用いただけません。
※液相の使用は不可となります。解凍時の取扱いではフェイスカバー、防護服、及び手袋を着用してください。

▶ 製品情報 は こちら

トゥルーライン遠心管(15 mL/50 mL)


• 片手で開閉しやすいキャップ
• フロック鼻咽頭スワブの輸送に最適です。
• 目盛はくっきり・はっきりと印字されています。
• フラットキャップ
• ガンマ線滅菌済(滅菌済み製品のみ)
• RNase/DNase-Free

▶ 製品情報 は こちら

スクリューチューブ用SBSフォームチューブラック

• 底に穴が開いており、バイアルを入れたままの状態でバーコードインサートを読み取ることができます。
• 48本立て

▶ 製品情報 は こちら

紙製フリーズボックス(スライド式フタ)

• かぶせ式フタのフリーズボックスでよくある、フタを持ち上げた際に中のチューブがバラバラと落下してしまうトラブルを回避できます。
• ディープフリーザー、液体窒素内での使用が可能です。
• 耐水効果により長くお使い頂けます。

▶ 製品情報 は こちら

紙製フリーズボックス(かぶせ式フタ)

• ディープフリーザー、液体窒素内での使用が可能です。
• 耐水効果により長くお使いいただけます。
• ラボの用途に合わせて、2フォーマット(ボックス型・フラットパック型)よりお選びいただけます。

▶ 製品情報 は こちら

FastGene™ マイクロ遠心チューブ タンパク低吸着タイプ

• 最小限のタンパク吸着=タンパクの回収を最大化
• 一般的な遠心機のローターに使用できます。
• 許容遠心力(RCF):24,000 xg
• ロック機構付きのフラットキャップで密閉が可能コンタミ防止も兼ねています。
• 0.5 mLごとの目盛り付き。裏側のスペースには、ラベルを貼ったり書き込みすることも可能です。

▶ 製品情報 は こちら

FastGene™ マイクロ遠心チューブ 核酸低吸着タイプ


• 最小限のDNA/RNA吸着=DNA/RNAの回収を最大化します。
• キャップ付き/成形目盛り付き/ツヤ消し書き込みスペース付き
• 最大RCF: 30.000×g(1.5 mL)
      22,000×g(2.0 mL)
※ 本製品は加熱処理等の実験にはご使用いただけません。

▶ 製品情報 は こちら

FastGene™ 低温耐性ラベル/凍結チューブ用ラベル


• 油性ペン・鉛筆による手書きが可能
• ディープフリーザー、液体窒素内での耐久性がございます。
• 各ラベルに印刷可能な専用ソフトがございます。(お問合せください)
• マイナス196℃から160℃までの高耐温性
• 凍結面に粘着可能な凍結チューブ用ラベルもございます。

▶ 製品情報 は こちら

廃棄・輸送

輸送用コンテナ


• 再利用可能なEPSフォームと段ボールのセット。
• ドライアイスの昇華に優れた効果を発揮します。
• 24~48時間の輸送に最適です。
• 外寸:長さ27.94×幅22.86×高さ36.83(cm)
• 内寸:長さ20.32×幅14.92×高さ29.21(cm)
• 厚さ:3.81(cm)

▶ 製品情報 は こちら

オートクレーブバッグ(廃棄処理用)

• 上部に接着テープがついており、壁やヒュームフードに貼り付けられるようになっています。
• 剥離紙を剥して接着面を適当な場所に押し付けてください。
• 袋の裏側の上部は、表側よりも長くて開けやすくなっています。
• 厚さ0.0245mmの高密度ポリエチレン製の袋は121℃での蒸気オートクレーブ処理が可能です。
• 内容物の最大重量が 1.4kg を超えないようにご注意ください。

▶ 製品情報 は こちら

バイオハザードバッグ(3-wall/4-wall)

• 二次的な漏れを封じるための開閉可能なジッパーが付いたバイオハザードバッグ
• 書類を保管、保護するスペースが外付けされています。
• 吸収パッド入りタイプもございます。

▶ 製品情報 は こちら

製品の選択方法

ウイルス検査の一般的な流れと、検体を採取するための採取具や採取後のサンプルを保存・輸送するための試薬の選び方をご案内いたします。

サンプル採取方法には、鼻咽頭ぬぐい液または唾液から採取する二つの方法があります。
採取したサンプルを保存・輸送するための試薬には、ウイルス不活化成分が含有されているものとされていないものがございます。
どちらの試薬を選択するかは、下記のガイドを参考にしてください。

検査の流れ

検体採取具・保存/輸送用試薬 製品選択ガイド

質問してみる!

「?」と思ったらすぐ解決。
どんな小さなことでもお気軽に。
ご意見・ご感想もお待ちしています。

WEB会員

記事の更新情報を受け取りたい方はコチラ

WEB会員 登録フォームへ

GeneF@N とは?