【News from overseas】ibidiポリマー使用事例:STORM観察によるインフルエンザAウイルスフィラメント形成の変化

News From Overseas

こちらのコーナーでは、海外のサプライヤーから私たち世界各国の販売代理店向けに発信されるメールニュース、FacebookやLinkedInといったSNSなどで発信された投稿から、ホットな最新情報だけをピックアップして日本のみなさまにシェアさせていただきます!
アメリカ、ドイツ、イギリス、中国など多種多様な国のサプライヤーから発信されるニュースをお楽しみください。
本日は、細胞観察器具メーカーであるドイツ ibidi 社から届いた最新ニュースをご紹介します。

ibidi社によるLinkedIn投稿内容


#ScientificReports に掲載されたKolpe et al.の論文です。ibidi µ-Slide 8 Wellを#STORMに使用したによる素晴らしい研究です。超解像顕微鏡により、宿主細胞表面でのインフルエンザAウイルスフィラメント形成に対して、M2eを特異的に認識するモノクローナル抗体が強力に作用することを明らかにしています。

Great study by Kolpe et al. in #ScientificReports using #STORM with the ibidi µ-Slide 8 Well: Super-resolution microscopy reveals significant impact of M2e-specific monoclonal antibodies on influenza A virus filament formation at the host cell surface: https://hubs.ly/H0mqygy0

LinkedInで紹介されたibidi社配信記事

LinkedInで紹介されたibidi社配信記事

Scientific Reportsで紹介されている論文内容


<要点>
超解像顕微鏡観察の一種、STORMの観察にibidiポリマーを使用したスライドを用いて観察を行っています。
インフルエンザウィルスのフィラメントが鮮明に観察できており(Fig a: 共焦点顕微鏡、Scale bar = 10 µm、Fig b, c, f: N-STROM、Scale bar = 5 µm、Fig e: N-STROM、Scale bar = 1 µm、)、フィラメント形成の変化が鮮明に観察できています。
この方法を用いて、抗M2 ectodomain抗体がインフルエンザウィルスのフィラメント形成を抑制することを明らかにしています。

Scientific Reportsサイト記事より

Scientific Reportsサイト記事より

ibidiポリマー解説ページ

ibidiポリマーの優れた性能についてはこちらのページで詳しく解説しています。

ibidi 製品のここがすごい! 【第1弾】~ibidi ポリマー編~

2019.07.18

質問してみる!

「?」と思ったらすぐ解決。
どんな小さなことでもお気軽に。
ご意見・ご感想もお待ちしています。

WEB会員

記事の更新情報を受け取りたい方はコチラ

WEB会員 登録フォームへ

GeneF@N とは?