【お客様事例】初代培養マウス肝細胞におけるIFNγ誘導性IDO (インドールアミン2,3 ジオキシゲナーゼ)のsiRNAによる ノックダウン効果の検証

日本ジェネティクスのアプリケーションノートとは?

  • 当社製品を実際にご使用頂いた、正真正銘、日本国内の研究者様による評価データ
  • 製品をご検討中の方はもちろん、すでにお使いのお客様におかれましても、類似の研究をされている他の研究者の方の事例集としてご活用頂けます

アプリケーションノート検索専用ページはこちら


アプリケーションノート 2014<17>
製品名:KAPA HiFi HotStart ReadyMix(KK2601)
メーカー名:KAPA BIOSYSTEMS 社

以下のアプリケーションデータは武蔵野大学薬学部免疫学研究室 小谷仁司 様 のご厚意により掲載させていただきました。

方法

テンプレートcDNAの調製

 マウスから採取したプライマリーhepatocyteを各種刺激(IFNγやsiRNA)した後、RNAを抽出した。
 1000 ngのtotal RNAをcDNAに逆転写した後、反応液の1/25量をテンプレートとして使用した。(40 ngのtotalRNA由来のcDNA)

試薬組成

<KAPA HiFi>
2×KAPA HiFi HotStart ReadyMix  12.5μL
Forward primer(10μM)      0.75μL
Reverse primer(10μM)                0.75μL
Template cDNA                                     2μL
PCR grade water                                  9μL      
Total                                                      25μL

<To社高正確性酵素>
DNAポリメラーゼ    0.5μL
2mM dNTP       2.5μL
10×PCR buffer       2.5μL
25mM MgSO4                     1μL
Forward primer(10μM) 0.75μL
Reverse primer(10μM) 0.75μL
Template cDNA                    2μL
PCR grade water                15μL       
Total                                    25μL

サイクルプログラム

<KAPA HiFi>

<To社高正確性酵素>

● 増幅サイズ 1200bp  
● 使用PCR 装置:TaKaRa PCR Thermal Cycler Dice standard

結果

IFNγ誘導性のIDO(インドールアミン2,3 ジオキシゲナーゼ)をsiRNAによりノックダウンした効果について、PCRにて検証を行なった。
KAPA HiFi HotStart ReadyMixでは、IFNγ誘導性IDOのバンドの検出、およびsiRNAのノックダウンによるバンドの消失が確認された。

お客様のコメント
ホームページを見て試しに使ってみました。 
酵素の違いでこれほど目的のPCR産物の出来具合が違うと思いませんでした。

質問してみる!

「?」と思ったらすぐ解決。
どんな小さなことでもお気軽に。
ご意見・ご感想もお待ちしています。

WEB会員

記事の更新情報を受け取りたい方はコチラ

WEB会員 登録フォームへ

GeneF@N とは?